DMMFXで自動売買ができるって本当?使い方を検証

最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

DMMFXは自動売買できる?

DMMFXでFXの自動売買は可能ですか?
DMMFXの可能性やメリット、自動決済機能について解説します。

DMMFXでは、FXの自動売買は行っておりません。

FX会社「DMMFX」は、自動売買プラットフォームを搭載していません。
また、ご自身で作成されたEAを使用することはできません。

DMMFXは自動売買には対応しておらず、裁量取引のみが可能です。
FXの自動売買を検討されている方、または既にされている方は、DMMFX以外のFX会社をお選びください。

 

DMMFXの自動決済機能の実装

DMMFXでは自動売買はできません。
ただし、自動決済機能は実装されています。

ストップロスとプロフィットにピップス数を設定すると、設定値に応じて自動決済が行われます。

dmmfx 自動売買

 

DMMFXのメリット

DMMFXは自動売買を行っておらず、自動売買によるメリットはありません。
しかし、裁量労働制のトレーダーにはメリットがあります。

最大のメリットは「スプレッドが小さい」ことです。

日本では、DMMFXが最も低いスプレッドの一つです。

米ドル/円のスプレッドは0.3銭。

基本的に全ての通貨のスプレッドは固定されているので、相場が荒れない限り基本的に変動することはなく、手数料も発生しません。

つまり、コストメリットがあると言えます。

 

DMMFX自動売買のまとめ

  • DMMFXでは、FXの自動売買は行っておりません。
  • DMMFXの自動決済機能が実装されました。

それぞれのFX会社の特徴やメリットは大きく異なりますので、自分に合ったFX会社を見つけるのが一番です。
DMMFXはFX自動売買を提供しておらず、FX自動売買に代わるものを提供しています

DMMFXは、新規口座開設に関してはナンバーワンのFX業者であり、多くのトレーダーに知られています。

 

DMMFXには自動売買機能はありませんが、様々な注文方法で自動決済することが可能です。

FXの自動売買のように永続的な自動売買機能ではありません。そのため、完全自動売買を利用したい場合は、他のFX取引会社で口座を開設する必要があります。

DMMFXの自動決済機能のような注文方法をご利用になる場合は、以下の点にご注意ください。



最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

 

 

DMMFXの自動決済機能

DMMFXには自動決済機能があります。
これは、新規注文時のレートと決済時のレートを入力する予約注文の方法です。

注文に期限を設定すると、期限内に価格の値に達しなかった場合、注文は自動的にキャンセルされます。
また、新規注文が実行された後に、手動で注文を閉じることも可能です。そのため、お客様の取引状況に応じて柔軟に対応します。

 

新規受注時の利益率を守ることができる

DMMFXでは、新規注文時に始値と利益率を予約することができます。

仮注文と副注文を設定しておけば、取引画面を見ていなくても、予約した価格で自動的に取引が開始され、終了します。

dmmfx 自動売買 自動決済

自動決済を設定するには

自動決済を設定するには、DMMFXの取引プラットフォームにログインするだけです。

IFD注文方法を選択し、注文を設定します。

IFD注文を設定するための最初のステップは、新しい取引を開始するレートを決定することです。

ポジション方向、執行条件、注文レートを入力します。

次は、複雑なサイドオーダーの設定です。

ここでは、ポジションを決済したい価格を設定し、利益を得たい価格を入力し、有効期限を設定します。

最後に「Place Order」ボタンをクリックして注文を完了します。

注文が完了しない場合は、その注文が取引の対象となっていない可能性があります。
注文が完了しない場合は、取引時間終了時に終了するように設定されている可能性があります。

取引時間中に注文を完了できなかった場合、システム障害や市場の急変が原因である可能性があります。

システム障害や緊急メンテナンスが発生した場合は、DMMFXからのお知らせが届きますので、速やかにご確認ください。

 

DMMFXの自動決済を変更・解除できる

DMMFXの自動決済を変更・解除することができます。

DMMFXの自動決済の変更・解除は可能ですが、新規契約の場合は変更・解除ができませんのでご注意ください。

変更は簡単で、自分の取引状況を確認する画面で設定できます。

注文をキャンセルしたい場合は、「注文のキャンセル」機能を使ってキャンセルすることができます。

新規注文をキャンセルすることはできません。
ご注文後のキャンセルはできません。

ポジションを素早く解除したい場合は、手動で閉じることができます。

手動でポジションを決済した場合、市場の状況によっては損失を被る可能性があります。

DMMFXの自動決済機能を利用する際の注意点をまとめました。

 

DMMFXの自動決済機能を利用する際の注意点は?

DMMFXのオートクローズ機能を使用する際の注意点はありますか?

自動決済注文ではスリッページが設定がないない

自動決済注文にはストップロスの設定はありません。
なお、IFD注文では、スリッページやストップロスの設定はできません。

逆指値注文を設定してリスクを軽減したい場合は、指値注文と逆指値注文を併用し、同時決済注文の場合は自動決済機能を利用するとよいでしょう。

 

IFD注文はスリッページができない

IFD注文では、スリッページを設定することはできず、新規価格と決済価格のみを入力します。

ずれに気付いても、許容範囲を設定できないため、自己責任となります。

急に市場が変化しても対応できません。

 

IFD注文はストップロスの設定がない

DMMFXのIFD注文にはストップロスの設定がありません。

固定のストップロスを設定したい場合は、新規注文の価格から価格帯を設定し、利益とストップロスの注文を同時に行うことができます。

FXの自動売買を利用したい方は、他のFX会社を利用することをお勧めします。
資金管理を完全に自動化したい場合は、他のFX会社の利用をお勧めします。

FXの自動売買に力を入れているFX会社では、完全に自動で取引を行うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました