DMMFXのロスカットルールを詳しく!追証の注意点と入金方法

最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

DMMFXのロスカットとは?

ロスカットとは、FXの損失が一定額を超えると、それ以上の損失を防ぐために強制的にポジションを閉じることです。
FX取引では元本以上の取引を行うことができるため、市場の状況によっては大きな損失を被るだけでなく、元本を超える損失を被る可能性もあります。

 

ロスカットとは、システムが強制的に取引を終了させ、最低限の資金を確保するための方法です。

損失限度額を設定していても、市場の状況により預かった証拠金を超える損失が発生することがあります。

 

ロスカットルールとは?

DMMFXのロスカットルールとは何?損失を出さないためにはどうすればいいの?

お客様の資金を守るために提供しているサービスの一つに「ロスカット・ルール」があります。

DMMFXでは、証拠金維持率が50%を下回った場合、強制的に口座を閉鎖して保有ポジションを保護する仕組みを採用しています(ロスカットルール)。

そのため、ポジションの未実現損失が増加しても、その損失が証拠金の額を超えることはないと考えられます。

追証(おいしょう)

不測の事態が発生し、市場が急激に上昇または下降した場合には、価格変動が急激すぎてロスカットが守られない可能性があります。

その結果、証拠金維持率が50%未満の状態で口座を閉鎖せざるを得なくなり、証拠金以上の損失を被る可能性があります。
これを「追証(おいしょう)」といいます。

 

ロスカットも大証も、FX取引には欠かせないシステムです。
ここでは、ロスカットと大証について紹介し、ロスカットを防ぐ方法を紹介します。

 

FX取引におけるロスカットの意味とは?

ロスカットとは、含み損の損失が一定のレベルに達したときに、強制的にポジションを閉じることです。
これは、お客様のお金を守るための最も重要なサービスの一つです。

FX取引では、レバレッジによって資本金の数倍から数十倍の取引を行うことができます。
利益が出やすい反面、損失も出やすい。

DMMFX,ロスカット

 

市場が急激に変動した場合、ポジションの未実現損失も急激に増加し、損失額が預かった証拠金を上回ることもあります。

そのため、外国為替証拠金取引業者から追加の証拠金の提供を求められることがあります。
それを避けるために、ロスカットというサービスを行っています。

 

ロスカットと追証

「追証」とは「追加証拠金」の略で、証拠金が一定の水準を下回った場合に、FX取引会社がお客様に不足分の資金を一定の期日までに入金していただくことを意味します。

損失制限ルール」を採用しているFX会社では、証拠金が一定の水準を下回る前に口座の残高を調整し、原則として損失が証拠金の額を超えないようにしています。

しかし、予期せぬ事態が発生し、市場が急激に変動した場合、損失の補填が間に合わず、証拠金がマイナスになる可能性があります。

この場合は、「追加証拠金」となります。

 

追証が発生するケース

例えば、お客様は証拠金として40,000円を取引口座に入金します。↓

USD/JPYが100円の場合、新たに1万通貨を購入する(証拠金は4万円必要)

証拠金維持率は100%に保たれています。
40,000(純資産-注文証拠金)÷40,000(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)となります。

USD/JPYは98円まで下落し、2万円の含み損が発生

証拠金維持率が50%に達し、ロスカットが発生します
20,000(純資産-注文証拠金)÷40,000(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)となります。

しかし、為替レートの急落により、98円の損失を吸収できず、95円で口座を閉鎖することになりました。

4万円の証拠金を超える5万円の損失が確定し、取引口座の証拠金が1万円のマイナスになる。

FX取引業者は、追加の証拠金を要求

 

追加証拠金は、追加の証拠金を預けるか、一部またはすべてのポジションを決済することで解消できます。

ただし、指定された期日までにポジションを決済しない場合は、新規取引の停止などの制限を受けることになりますので、ご注意ください。

 

ロスカットと追加証拠金は、日本の多くの外国為替取引会社で採用されているシステムですが、その重要性が誤解されていることがあります。

未実現損失が一定のレベルを下回ると、さらなる損失を防ぐためにポジションを強制的にクローズし、顧客の資金を一定額保護します。
未実現損失が一定の水準を下回った場合、その不足分は「追加証拠金」として算出されます。

 

DMMFXのロスカットルールとは何?

DMMFXでは、証拠金維持率が50%を下回ると「損切りルール」が発動します。

この時点で、すべてのオープンポジションが強制的にクローズされ、損失が取り戻されます。

損失を回避するために、証拠金維持率を遵守してください。

DMMFX,ロスカット,証拠金維持率

損失制限ルールが発動されるレベルは、「証拠金維持率」で表されます。
証拠金維持率とは、保有しているポジションの必要証拠金と時価総額(純資産額-注文証拠金)の比率です。

 

「証拠金維持率」の算出式

((純資産-注文証拠金)÷必要ポジション証拠金×100)

証拠金維持率が高ければ高いほど、お客様は十分な資金で安心して取引ができます。

 

逆に言えば、値が低いほど、損をする確率が高くなります。
DMMFXでは、証拠金維持率が50%を下回った場合に損失制限が発生します。

 

ロスカットが発動するケース「証拠金維持率」

例として、証拠金として4万円を取引口座に入金します。↓

USD/JPYが100円の場合、新たに1万通貨を購入する(証拠金は4万円必要)。

マージンは100%に保たれています。
40,000(純資産-注文証拠金)÷40,000(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)となります。

↓DOWN

USD/JPYは98円、未実現損失は2万円。

証拠金維持率は50%、ロスリミットは発動します。
20,000(純資産-注文証拠金)÷40,000(必要証拠金)×100=100(証拠金維持率)となります。

ポジションを決済し、20,000円の損失が確定します。

取引口座に2万円の証拠金が残る。

ロスカットを避けるためには、取引口座の証拠金維持率に気を配ることが大切です。



最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

 

 

ロスカットを避けて利益を狙う方法

損失を回避して利益を上げるためには、高い利益率を維持し、資金をうまく管理することが重要です。

高い利益率を実現するには、2つの方法があります。

追加証拠金の入金

ポジションの一部または全部をクローズする。
証拠金維持率が低くなる原因としては、予測不可能性、過剰な所有権、過剰な負債が挙げられます。

時には勇気を出して、ポジションに含み損があっても損切りした方が良い場合もあります。

追加の証拠金を取るか、ポジションを閉じるかの判断は、お客様自身の財務状況や取引実績に基づいて行う必要があります。

追加証拠金の入金にはクイック入金が最適です

損失軽減のために常にロスカットに注意しましょう。

 

証拠金に余裕を持つ事

ロスカットとは、お客様の損失を拡大させないためのシステムで、日本のほとんどのFX会社で採用されています。
DMMFXでは、証拠金維持率が50%に達した時点でロスカットが発生します。

言い換えれば ポジションの副依存が増加し、証拠金が半分になると、そのポジションは強制的にクローズされます。

 

しかし、FX取引で利益を上げ続けるためには、ロスカットにならないように十分な余裕を持って資金を運用することが大切です。
そのためには、追加の証拠金を預けるか、ポジションの一部を決済するなどして、証拠金維持率を高めることが不可欠です。

FX取引で資金を管理する際には、取引口座の証拠金維持率に常に注意を払う必要があります。

DMMFXでは、簡単で便利な「クイック入金」サービスを提供しています。

 

最大のメリットは、24時間いつでも入金ができ、即座に取引口座に入金されることです。
このサービスは、平日だけでなく、土日祝日にもご利用いただけます。

送金手数料はDMMFXが負担しますので、トレーダーの負担はありません。
約380の金融機関に対応し、スマートフォンでの操作も可能です。

 

なお、クイック入金を行うためには、金融機関のインターネットバンキングサービスに加入している必要があります。
追加の証拠金を入力する場合は、すぐにお客様の口座に入金される「クイック入金」をお勧めします。

 

DMMFX のロスカットが発動すると?

DMMFXの証拠金維持率が50%以下になると、ロスカットルールが発動し、保有している全てのポジションが強制的に決済されます。ロスカットは予告なく行われますが、証拠金維持率が70%を下回ると警告メールが送信されます。

警告メールは1営業日に1回のみ送信されます。

ロスカットのプロセス

例えば、取引開始時から、証拠金維持率が70%を下回ると警告が送られ、50%を下回ると損失軽減が行われるようになっています。
市場の状況によっては、証拠金維持率の50%を大幅に下回るレベルでロスカットを実施することも可能です。

証拠金維持率は、(純資産-注文証拠金)÷必要ポジション証拠金×100で算出されます。

証拠金維持率とはどういう意味?

証拠金維持率とは、お客様の純資産とポジションに必要な証拠金の比率です。ポジションを保有している間は自動的に計算され、取引画面に常に表示されます。

 

ロスカット時の注意点

ロスカットは、損失を回避するための制度ですが、必要証拠金や損失額の50%で取引が成立することを保証するものではありません。
証拠金が50%のままであることや、損失額を保証するものではありません。市場が急激に変化した場合には、当初のロスキャップの水準よりもはるかに低い水準で実行される可能性があります。

 

また、流動性の低下により有効な気配値が得られない場合や、ロスカット注文や他の注文が殺到した場合には、ロスリミット注文の執行に通常よりも時間がかかることがあります。

証拠金維持率が50%を下回り、ロスカットが実行された場合には、預託金と同額の損失が発生する可能性がありますのでご注意ください。

 

ロスカットに関する質問

ロスカットが適用されるのはいつ?

証拠金維持率が50%を下回った場合、事前に通知することなく、すべての未決済の注文はキャンセルされ、すべての未決済のポジションは閉鎖されます。

証拠金維持率が50%を下回った場合、注文は実行されますが、損失額は保証されません。市場の状況などにより、預け入れた金額以上の損失が発生する可能性があります。

 

ロスリミットが発生した場合、証拠金をマイナスにすることはできる?

損失制限ルールが適用されていても、市場の状況等により、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性があります。

通常、証拠金維持率が50%を下回った場合、お客様にお届けしたレートでロスカットを行います。

 

そのため、市場の状況が急変した場合には、当初のロスリミットよりも大幅に低い価格でロスカットが適用されることがあります。
また、流動性が低いために有効な価格が得られない場合や、市場にロスカットの注文や他の注文が殺到した場合には、ロスカットの実行に通常よりも時間がかかることがあります。

 

なお、ロスカットが基準価格を大幅に下回った場合には、払い込んだ金額を上回る損失が発生する可能性がありますのでご注意ください。

 

ロスカットが発生する前に通知される?

証拠金維持率が70%を下回ると、損失が発生する危険性があることを知らせる警告メールが届きます。
このメールは1営業日に1回しか届きません。

なお、相場の急変により、警告メールが送信される前にロスカットが行われることがあります。

 

ロスカットを回避するには?

ロスカットは、証拠金維持率が50%以下になると発動します。そのため、証拠金維持率を50%以下にすることで、ロスカットを回避することができます。

取引の際には、十分な証拠金でポジションを管理する必要があります。

また、取引時にストップロスオーダーを入れることで、さらなる損失を防ぐことができます。

 

ストップロス注文は、指定した価格での執行を保証するものではありません。なお、市場の状況によっては、ストップロス注文がお客様の注文よりも不利な価格で執行され、意図しない損失を被る可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました