DMMFXの取引時間をしっかりチェック!年末年始から夏時間冬時間

最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

DNNFXの取引時間を詳しく

DMMFXのFX口座数は日本一!初心者から上級者まで人気の高いFX取引会社です。
システムは安定しており、突然の故障やメンテナンスの問題もありません。

ただし、取引時間については1点だけ注意が必要です。
今回は、DMMFXの取引時間について詳しく解説します。

 

DMMFXの取引時間

FX取引は取引時間が長いのが特徴で、通常、平日は24時間取引が可能です。
国内株式は、取引所が開いている平日の午前9時から午後3時までしか取引できません。24時間いつでも取引できるのは、外国為替市場の大きなメリットです。

 

FX時間

外国為替取引は、世界の通貨市場で行われます。
外国為替の取引を行う世界中の銀行のネットワークであるインターバンク市場のおかげで、通常、平日は24時間取引が可能です。

一方、週末はほとんどの外国為替市場が閉まっているため、取引ができないことがほとんどです。
また、クリスマス、大晦日、元旦、祝祭日など、取引ができない時期があります。

正確な取引時間は、FX会社によって異なりますので、事前にご確認ください。
ただし、ほとんどの会社が月曜7時から土曜6時までの取引を認めています。

DMMFXの取引時間は、夏と冬に分かれています。
DMMFXは、元旦を除く平日と土日を除く祝祭日に24時間取引を行っています。

株への投資とは異なり、FX取引は世界の市場が常に開いているため、いつでも行うことができます。
唯一の難点は、月曜と金曜の営業時間が季節によって異なることです。

 

期間 取引時間

DMMFX 取引時間 夏

 

夏時間(サマータイム):

3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで、月曜日7.00amから土曜日5.50amまで。

冬時間:

11月第1日曜日~3月第2日曜日 月曜7:00~土曜6:50

1年のうち1つの時間帯に属していますので、事前にシステムを理解しておくことをお勧めします。

DMMFXが土曜日にシステムメンテナンスを実施

土曜・日曜は通常、外国為替取引はできません。

DMMFXでは、土曜日の12:00~18:00にシステムメンテナンスを行いますが、お取引への影響はございません。
ただし、システムメンテナンス中は、ログイン、注文、入金などができません。

DMMFXは安定して稼働していますが、予期せぬシステム障害やメンテナンスが発生する可能性がありますのでご注意ください。

 

DMMFXは祝日も取引を行っています

DMMFXは、土日を除く平日の24時間取引が可能です。

祝祭日にも適用されます。
例えば、土日の翌日の月曜日が祝日の場合、土日は取引できませんが、月曜日は取引できます。

FXは世界中の市場で取引されているので、日本の祝日であっても問題ありません。
年末年始やクリスマス休暇中のDMMFXのご利用にはご注意ください。
原則として、年末年始の取引は可能です。

ただし、1月1日はすべてのFX市場が閉まっているため、そこで取引をすることはできませんのでご注意ください。
また、クリスマス・デーも祝日となります。

DMMFX 取引時間 休日

 

日本ではクリスマスは祝日ではありませんが、他のほとんどの国では祝日となっています。
また、日本ではクリスマスには取引が少なくなりますので、リスクを避けるためにもこの時間帯にはエントリーしないことをお勧めします。

取引量が少ないときに市場に参入することのリスク
クリスマスなどの取引量が少ない時期に市場に参入すると、チャートの値動きが激しくなることがあります。

特に、値動きを読み取る経験のないトレーダーは、大きな含み損を抱える可能性が高いと言えます。
初心者であれば、取引が少ないときに市場に入ることは避けるべきです。

 

FX取引で覚えておきたい3つの用語と知識

FX取引にはたくさんの専門用語があります。用語や知識を知っておくと、スムーズに取引ができます。

FX取引が初めての方に、知っておいていただきたい3つの用語と知識をご紹介します。

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • スワップポイント

この3つを見てみましょう。

 

1 レバレッジ

FXにおいてレバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引を行うことができる仕組みです。

レバレッジとは?
この言葉は「てこ」や「てこ効果」を意味します。
FX取引において「レバレッジ」とは、自分の持っている資金よりも多くの資金を使って取引を行うことを意味します。

通常、FX取引は、ブローカーに証拠金として預けた金額の範囲内で行われます。

レバレッジをかけると、証拠金の25倍までの取引が可能になります。例えば、10万円で250万円までの取引が可能です。
日本で登録されている外国為替仲介業者は、金融庁が定めたルールに基づいてサービスを提供しています。

dmmfx 取引時間

プライベートアカウントの場合、最大レバレッジは25倍となります。

レバレッジは、少ない資金で利益を上げることができる優れた方法です。

また、以下の記事もご覧いただけます。
FXのレバレッジとは何ですか?これがなくても大丈夫ですか?最大のレバレッジはどれくらいですか?

2 スプレッド

スプレッドとは、通貨を売買する際に発生する手数料のことです。

例えば、日本円を米ドルに交換する場合と、米ドルを日本円に交換する場合では、異なる為替レートが提示されます。

この2つのレートの差が「スプレッド」です。これは、外国為替取引を行う金融機関のシェアです。

外国為替取引では、通常、取引手数料はかかりません(ほとんどの会社が手数料を徴収していません)。そのため、スプレッドは実際の取引手数料(取引コスト)とみなされます。
スプレッドについての重要なポイントは、通貨ペアやFX会社によって異なるということです。

マッチングのコストは通貨の流通量に依存するため、それに応じてスプレッドも変化する。

しかも、そのスプレッドは金融機関(FX会社)が自由に変更できる。そのため、スプレッドはFX取引会社を選ぶ際の重要な要素となります。

 

3 スワップポイント

スワップポイントとは、2国間の金利差によって得られる利益のことです。金利差調整」とも呼ばれています。

例えば、日本のような低金利の国の通貨を売って、トルコ、メキシコ、南アフリカなどの高金利の国の通貨を買えば、2国間の金利差を受け取ることができます。
スワップポイントのメリットは、ポジションを決済しない限り、毎日利益が期待できることです。

この方法は、通貨を売買せずに持っているだけで継続的に利益を得ることができるため、外国為替市場で広く利用されています。

しかし、利回りの高い通貨の為替レートは変動する傾向にあります。
この場合、交換ポイントで得られる以上の損失を被る可能性があります。

株式の取引時間は、平日の午前9時から午後3時まで(午前11時30分から午後12時30分までは休業)。
FXは1日24時間、週7日の取引が可能です。

前述したように、土曜日、日曜日、週末は主要な市場がすべて閉まっているため、FX取引はできません。

時差の関係で、FXの取引時間は月曜から土曜は午前7時(米国サマータイム時は午前6時)、金曜は終日となっています。

日本の株式は、日本の市場が開いている取引時間中にのみ取引することができます。

一方、外国為替取引では、全員が同時に取引を行い、外国為替市場は全世界に開かれています。

そのため、日本市場が閉まっているときはロンドン市場で取引するなど、市場を移動しながら「24時間取引」を実現しています。

しかし、FXトレーダーはどの市場で取引するかを選ぶことはできません。

実際の取引所ではなく、外為市場で取引を行う銀行などの金融機関のネットワークのことです。

土日は世界中の金融機関が休みなので、外国為替取引はできません。

平日の外国為替市場は24時間稼働していますが、動く時間帯はまちまちです。

複数の市場がカバーされていると、ユーザー数も多くなり、活動も活発になります。一方で、主要な市場が閉まっているときは、取引が低調になります。

世界の三大外国為替市場は、東京、ロンドン、ニューヨークです。

世界には東京、ロンドン、ニューヨークの3大市場がありますが、それぞれに特徴があります。東京の取引時間は比較的ゆっくりしていますが、ロンドンの取引時間は活発です。

ここでは、タイムゾーンの違いについてご紹介します。

 

午前6時~午前8時:オセアニア時間

オセアニアの時間帯では、ニュージーランドのウェリントンとオーストラリアのシドニーの市場がほぼ開いています。

これらは主な取引所だけでなく、主な取引所のひとつであるニューヨーク市場が閉まったばかりで、動きが少ない時間帯でもあります。

ただし、オーシャニックタイムゾーンの月曜日の朝は要注意です。

週末に大きなイベントがあった場合、オセアニア時間帯の価格が大きく変動することがあります。

オープンポジションをお持ちの方は、週の初めにこれらの取引時間にご注意ください。

午前8時~午後3時:東京時間

日本や香港、シンガポールなどの市場が開かれ、アジアの人々が活発になり、取引も活発になる時期です。

特に、「ゴトー日」と呼ばれる5日目と10日目は、日本企業の決済日であることが多く、海外での決済のためにドルが買われることが多い。

しかし、10時以降はレートの動きが鈍くなり、東京市場は3大外国為替市場の中で最もボラティリティーの高い市場となります。

午後3時~午後9時: 欧州時間

ヨーロッパの市場が開くと、取引が活発になります。

実際、ロンドン市場が17時にオープンしてからは、ロンドンタイムと呼ばれるほど、圧倒的に忙しいのです。

ユーロやポンドなどの欧州通貨は、特にユーロ圏の経済指標が発表されると活発に取引されます。

午後9時~午前6時:ニューヨーク時間

21:00以降、ニューヨーク市場が開き、米国からの参加者を中心に取引がピークを迎えます。

21時から2時の間は、ロンドンとニューヨークの両市場が開いているため、1日の中で最も活発な時間帯です。

午前2時を過ぎると、ロンドン市場が閉じて雰囲気が静かになりますが、アメリカの経済指標が発表されると活発になります。

DMMFXはすべての取引時間で営業しています
DMMFXは、FX会社の中でも最も安定した取引環境を提供しています。

1年中いつでも取引ができるので、とてもストレスのない環境です。

年末やクリスマスの時期にトレードしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました