DMMFXの自動決済で簡単に稼げる?自動売買との違いとは

最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

DMMFXの自動決済機能を使って稼ぐ

DMMFXは、新規口座開設数No.1のFX業者であり、多くのトレーダーに親しまれています。

今回は、DMMFXの自動売買についてご説明します。

DMMFXには自動売買機能はありませんが、様々な注文方法で自動売買することが可能です。

FXの自動売買のような恒久的な自動売買機能ではありません。そのため、完全自動売買をご希望の方は、他のFX会社で口座を開設してください。

DMMFXの自動売買機能やその他の注文方法をご利用になる場合は、以下の点にご注意ください。

dmmfx 自動決済

 

DMMFXに自動売買はない

DMMFXは、FXの自動売買を行うFX会社ではありません。

当社は一任されたFX取引会社であるため、お客様のために自動売買を恒常的に設定・運用する能力はありません。

FXの自動売買に資金を投入するつもりなら、DMMFXではなく、FXの自動売買をメインにしているFX会社を選ぶべきです。

 

注文方法による自動決済が可能

DMMFXでは、注文の種類ごとに自動で決済する方法があります。

完全な自動運転ではありませんが、注文を出すと、設定に応じて自動的に売買されます。

日中忙しい方は、自動決済機能を使えば、取引を見逃すことなく、思い通りの利益を得ることができます。

 

DMMFXは自動決済機能を搭載

DMMFXは自動決済機能を搭載しています。

新規に注文を出すときのレートと、決済するときのレートを入力します。

注文に制限時間を設定すると、制限時間内に価格値に到達しなかった場合、注文は自らキャンセルされます。

また、新規注文が実行された後に手動で注文を閉じることもできますので、取引状況に応じて柔軟に対応する必要があります。

dmmfx 自動決済 ストップ

 

新規受注時の利食いを守ることができる

DMMFXでは、新規注文時に注文開始値と利食い幅を予約することができます。

仮注文と副注文を設定しておけば、取引画面を見ていなくても、予約した価格で自動的に取引が開始され、終了します。

 

自動決済を設定するには

自動決済を設定するには、DMMFXの取引プラットフォームにログインするだけです。

IFD注文方法を選択し、注文を設定します。

IFD注文を設定するための最初のステップは、新しい取引を開始するレートを決定することです。

ポジション方向、執行条件、注文レートを入力します。

次は、複雑なサイドオーダーの設定です。

ここでは、ポジションを決済したい価格を設定し、利益を得たい価格を入力し、有効期限を設定します。

最後に「Place Order」ボタンをクリックして注文を完了します。

注文が完了しない場合は、その注文が取引の対象となっていない可能性があります。
注文が完了しない場合は、取引時間終了時に終了するように設定されている可能性があります。

取引時間中に注文を完了できなかった場合、システム障害や市場の急変が原因である可能性があります。

システム障害や緊急メンテナンスが発生した場合は、DMMFXからのお知らせが届きますので、速やかにご確認ください。

 

DMMFXは自動決済を変更・解除できる

DMMFXは自動決済を変更・解除することができます。

DMMFXの自動決済の変更・解除は可能ですが、新規契約の場合は変更・解除ができませんのでご注意ください。

変更は簡単で、自分の取引状況を確認する画面で設定できます。

注文をキャンセルしたい場合は、「注文のキャンセル」機能を使ってキャンセルすることができます。

新規発注後は取り消し不可能です。
ご注文後のキャンセルはできません。

ポジションを素早くアンロードしたい場合は、手動で閉じることができます。

手動でポジションを閉じる場合、市場の状況によっては損失を被る可能性があります。



最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

 

 

DMMFXのメリット

DMMFXでは自動売買を行っておらず、自動売買利用者への特典もありません。

しかし、裁量労働制のトレーダーにはメリットがあります。

最大のメリットは「低スプレッド」です。

日本では、DMMFXが最も低いスプレッドの一つです。

米ドル/円のスプレッドは0.3銭。

 

基本的に全ての通貨のスプレッドは固定されているので、相場が荒れない限り基本的に変動することはなく、手数料も発生しません。

つまり、コストのメリットがあります。

 

DMMFXの自動決済機能の利用には注意が必要です。
DMMFXの自動決済機能を利用する際に注意すべき点をまとめました。

 

DMMFXの自動課金機能を利用する際の注意点は?

  • 自動決済注文ではスリッページが設定できない
  • 自動決済注文にはストップロスの設定がない
  • IFD注文では、スリッページやストップロスの設定はできない

 

逆指値注文を設定してリスクを軽減したい場合は、指値注文と逆指値注文を併用し、同時決済注文の場合は自動決済機能を利用するとよいでしょう。

 

自動決済注文はスリッページが設定できない

自動決済注文では、スリッページを設定することはできず、新規価格と決済価格のみを入力します。

ずれに気付いても、許容範囲を設定できないため、自己責任となります。

急にマーケットが変わっても対応できません。

 

IFD注文はストップロスの設定がない

DMMFXのIFD注文にはストップロスの設定がありません。

固定のストップロスを設定したい場合は、新規注文の価格から価格帯を設定し、利益とストップロスの注文を同時に行うことができます。

DMMFXには自動売買機能はありませんが、自動決済機能を使って自動的に取引を行うことができます。
DMMFXには自動売買機能はありませんが、自動決済機能を使って、自動的に取引を決済することができます。

 

自動売買のように自動的に取引を継続するわけではありませんが、設定した利益率で取引を終了してくれるのでおすすめです。

ただし、FXの自動売買のようなサービスは提供していません。そのため、FXの自動売買を利用したい場合は、FXの自動売買を主に行っているFX取引会社に口座を開設する必要があります。

DMMFXは、純粋に利益を上げるための裁量トレードに適しています。

 

DMMFXのストップロスの設定方法について

DMMFXのストップロス設定は、自動的にポジションを決済して取引を終了することで、損失を最小限に抑えるように設計されています。

本来のポジションクローズの方法は、DMMFXのチャートを確認することです。ポジションが取引ルールで指定された未実現損失に達した場合、新規注文に対して取引を行うことで、ポジションがクローズされます。

チャート画面を見ながらトレードする人は、すぐに損切りして相場に対応できますが、すべての人が長くDMMFXのチャートに先行できるわけではありません。

ここでは、ストップロスを設定する必要があり、ポジションの終値を新規のDMMFX注文と同時に入力することができます。

 

ストップロスを設定すると、DMMFXの価格がストップロスの価格に到達した時点で自動的にポジションが決済されます。

DMMFXのストップロスの方法は、注文方法によって異なりますので、個別に見ていきましょう。

 

DMMFXのストリーミング注文にストップロスを設定するには

DMMFXのストリーミング注文にストップロスを設定する方法を見てみましょう。

ストリーミング注文は、いわゆる成行注文で、市場価格ですぐに約定するものです。

ストップロスを設定するには、注文画面の「同時決済注文」で「ストップロス」を有効にするだけです。

また、歯車のアイコンを使って、ストップロスの価格や決済の制限時間など、詳細なストップロスの設定を行うことができます。

スリッページとは、DMMFXの注文パネルに表示される価格と、実際の注文時の価格との差のことです。

なお、DMMFXのストリーミング注文では、利益率を設定することはできません。

この設定で新規に注文を出すと、同時に逆指値注文も出すことができます。

上記の場合、DMMFXが約定価格から不利な方向に10pips動いた場合、ストップロスが設定された状態で注文が執行されます。

 

DMMFXでストップロスを設定する方法 リミットオーダーとストップロスオーダー

DMMFXの指値注文と逆指値注文のストップロスの設定方法を見ていきます。

リミットオーダーとストップオーダーは、希望する取引価格で実行される注文で、リミットオーダーは有利な方向に、ストップオーダーは不利な方向に進みます。

ストップロスを設定するには、ストリーミング注文と同様に「同時決済」オプションを有効にする必要があります。

DMMFXの指値注文では、ストップロスとストップゲインの両方を設定することができます。そのため、市場がどちらに動いているかわからない場合は、両方を設定することができます。

ストップロス注文は、リミット注文と同じように使用することができます。

 

DMMFXのIFD注文でストップロスを設定するには?

DMMFXのIFO注文にストップロスを設定する方法を見てみましょう。

IFO注文とは、DMMFXの新規注文を行う際に、取引注文を行うことができる注文方法です。

ストップロスを設定するには、「複合二次注文(決済)」で「ストップロス」を選択し、損失を限定したい価格を入力すると、DMMFXがストップロスを設定します。

利益を出すには、「Limit」を選択し、利益を出したい価格を入力するだけです。

 

ストップロスとテイクプロフィットの設定の違いは、テイクプロフィットの価格がピップで入力されるのに対し、ストップロスの価格はレートで入力されることです。

ストップロスの最大のメリットは、より正確に価格を設定できることです。

ただし、正しい価格を入力するようにしてください。

 

DMMFXのIFO注文にストップロスを設定するには

DMMFXを使ってIFO注文にストップロスを設定する方法を見てみましょう。

IFOオーダーは、IFOオーダーとOCOオーダーを組み合わせたものです。

OCO注文とは、2つの注文を出して、一方が約定し、もう一方が自動的にキャンセルされる注文方法です。

なお、OCO注文には、オープン注文のような逆指値機能はありません。

OFO注文では、ストップロスを設定することが可能です。

 

DMMFXのIFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせたもので、2つの注文を「複合二次注文(決済)注文」に設定することができます。

片側の不利な価格帯に注文を入れることで、ストップロスを設定することができます。同じようにして、利食いを設定することができます。

ちなみに、DMMFXのIFO注文は、価格を気配値ではなくピップスで指定できることを除けば、ストップロス付きの指値注文とほぼ同じです。

 

初心者は常にストップロスの設定を使うべき

初心者の方は、自動決済機能ではなく、逆指値を設定したストリーミング注文を利用するのが良いでしょう。

初めて取引する場合、仕組みを学ぶには、取引画面の近くにいて、値動きを見るのが一番です。

自動決済機能は、ある程度取引の経験を積んでから使用するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました