DMMFXはいくらからトレードが可能?最低取引金額と入金額

最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

DMMFXはいくらから取引できる?

DMMFXで取引するには、どのくらいの証拠金が必要なのか?
DMMFXでは、5万円から取引を始めることができます。

最低限必要な金額については、最低取引単位をご確認ください。

DMMFXの最小取引単位

10,000通貨単位

 

つまり、米ドルでの取引には最低でも1万ドルが必要なのです。

現在の米ドル/円の為替レートは、1ドル=110円前後。
1万通貨単位の取引には110万円が必要なるって事?

 

110円(1ドル)×10,000=1,100,000円

為替レート×取引通貨量=取引金額

 

国内のFX取引会社の最大レバレッジは25倍にできるので、4万4千円で取引が可能です。

 

1,100,000円÷25=44,000円

取引金額×最大レバレッジ=最小取引金額

 

つまり、5万円あれば、DMMFXで取引ができるということです。

しかし、安全で快適な取引を行うためには、10万円程度からスタートすることをお勧めします。
これについては、次の章でお伝えします。
なぜDMMFXで「10万円」からの取引が必要なのか?
DMMFX_どのくらいの予算で始めればいいの?

DMMFXで最低単位(約5万円)で取引すると、高確率で「ストップロス」に引っかかります。

そのため、10万円での取引を推奨しています。

 

ロスカットとは?

ポジションの損失が一定以下になると、強制的にポジションをクローズし、それ以上の損失が出ないように損失を確定します。

つまり、ロスカットとは、「この金額以上の損失が出た場合、あなたの資産が危険にさらされているので、損失分を一度補償します!」というシステムです。

DMMFXの場合は、「証拠金維持率が50%を下回った場合」に損失決済が行われます。

例えば、DMMFXで5万円を入金し、1万枚の外貨を注文した場合の為替レートが「1ドル=100円」の場合を考えてみましょう。この場合、ポジションを入れた時点での証拠金維持率は約113%です。

 

証拠金維持率=市場価値総額÷必要証拠金×100

例:113.63… = 50,000円 / 44,000円(必要証拠金) × 100

 

もちろん、証拠金維持率が113%であっても取引は可能です。

しかし、DMMFXのストップロスは50%であり、かなり限界に近い。

また、下記のように証拠金維持率が100%前後では、怖くて取引できないというレビューもあります。

このように、最低でも「200%」のマージンを取っておくと安心です。

 

できれば「10万円前後」から始めるのが、精神的にも安定していて、取引しやすいのでおすすめです

ちなみに、証拠金維持率の計算式は複雑なので、丸暗記する必要はありません。
証拠金維持率は、DMMFXの取引画面で自動的に計算されるので、デモ取引で確認しておくと良いでしょう
デモ取引を始めたい方、DMMFXのストップロスの基準を確認したい方は、下記の公式ページをご覧ください。



最短1時間!20万円のキャッシュバックキャンペーン

 

FX初心者に最適なスタート金額はいくらから?

FX取引を始めるために必要な資金は、取引量や投資する通貨によって異なります。初心者の方で少額から始めたいという方には、以下のようなことが考えられます。

少額投資のために知っておくべきこと

取引できる最低金額は、ブローカーの「通貨単位」によって異なります。
FX業者の約40%が10万円以下の取引をしています。
最低取引量は、FX会社によって異なります。
最小量」とは、購入できる最小単位のことです。

主に10,000、1,000、100、1通貨の4種類があります。最小取引単位は、ブローカーによって異なります。例えば、1,000通貨単位の取引をしたい場合、1ドル=100円として、最低でも10万円を口座に入れておく必要があります。

 

レバレッジは小資金を扱うための一つの手段ですが、慣れない初心者にはお勧めできません。レバレッジが高ければ高いほど、損をする可能性が高くなります。

気持ちよくトレードするためには、資本金に見合ったトレード回数をこなすことが大切です。自分のお金に見合ったブローカーを選ぶことが大切です。

少ない資本でFX取引を始めたい場合は、最低取引量が少ないブローカーを選ぶべきです。

ブローカーが1つの通貨単位を提供していれば、数百ドル程度の資金でも取引が可能です。リスクが低く、実際に取引することでFXの知識を身につけることができるので、初心者の方におすすめです。スキルを身につけた後は、最低取引回数を増やすことができます。

 

FXトレーダーの約40%が10万円以下の取引をしています。
少額でのFX取引の主なメリットは、リスクや経験が少なく、損失や精神的負担が少ないことです。実際、FX投資をする人の約4割が10円以下で取引をしています。

このデータからもわかるように、多くのFXトレーダーは少額の取引が有益であると考えています。

しかし、最小値のギリギリで取引するのは得策ではありません。市場の動きによっては、すぐに資金を失い、スムーズな取引ができなくなります。損失が出ないように、十分な資金で取引することが望ましいです。

 

DMMFXで取引するには、どれくらいの資金が必要?

すべての通貨ペアの最小取引単位は10,000通貨単位(1ロット)です。

最小取引単位とは、注文を出すために必要な金額のことです。

最小取引単位とは、発注できる最小の金額のことで、ロットとも呼ばれています。
DMMFXの最小取引単位(1lot)は、10,000通貨単位または米ドルで10,000ドルです。

DMMFXで10,000通貨単位の取引をするために必要な最低金額はいくらですか?
例として、1ドル=100円のレートで取引する場合を考えてみましょう。

米ドル/円の取引に必要な資金(1米ドル=100円)
DMMFXでUSDJPYを取引するには、最低でも10,000通貨単位=10,000ドルが必要です。
1ドル=100円の場合、USDJPYの最低取引額は、1万ドル×100円=100万円となります。

では、DMMFXで米ドル円を取引するには、100万円が必要なのでしょうか?実際には、そこまでのお金は全く必要ありません。

ここで、レバレッジが効いてきます。レバレッジとは、小さな金額で大きな金額の取引を行うことができる、てこの原理のことです。

 

レバレッジはどのように作用する?

例えば、10万円の資金があれば、10倍のレバレッジで100万円分のFXを効率よく取引することができます。

DMMFXの最大レバレッジは25倍(日本国内のFX会社では最大25倍)なので、初期資金の25倍までの取引が可能です。

つまり、実際の取引額の1/25を持っていればいいのです。

DMMFX いくらから

 

上の例の米ドルの場合、100万円の1/25=4万円で取引を始めることができます。
この最低必要額である4万円を「証拠金」と呼びます。

しかし、4万円で取引をすると、価格が予想とは少しでも逆方向に動くとすぐに損をしてしまいます。

 

ロスカットと証拠金は?

DMMFXの取引に必要な最低金額を十分に理解するためには、損失限度額と証拠金について理解する必要があります。

損切り天井とは、お客様がどんどん損をしてしまうのを防ぐために、FX会社に一定の損切りで売買をさせるルールです。
ロス・シーリングは、大きな損失を防ぐための仕組みですが、固定された損失であることに変わりはありません。

証拠金とは、取引に必要なFX会社に預けているお金のことです。
DMMFXでは、証拠金維持率が50%以下になると損失が軽減されます。

1万通貨単位(1ロット)、1ドル=100円で取引する場合、
必要な証拠金は1,000,000円÷25=40,000円となります。

5万円の預金に対して必要な証拠金が4万円の場合、証拠金維持率は以下のようになります。

50,000円/40,000円×100%=125% となります。

取引開始時の「証拠金維持率」は125%ですが、相場が予測と反対方向に動き、未実現の損失が発生した場合は「証拠金維持率」が低下します。
しかし、市場が予測と反対方向に動き、未実現の損失が発生した場合は、証拠金維持率が低下します。証拠金維持率が50%を下回った場合、DMMFXはロスカットを適用します。

 

DMMFXロスカットの例

毎営業日の終わりに証拠金維持率が見直され、証拠金維持率が100%を下回った場合は、追加の証拠金を預ける必要があります。
これを「DMMFX追加証拠金制度」と呼びます。

DMMFXで米ドル/円を取引する場合、最低でも5万円の入金が必要で、そうでない場合はすぐに取引から除外されます。

ただし、これは米ドル/円のレートが1ドル100円の場合の例であり、1ドル110円の場合は、より多くの資金が必要となります。

取引ができるように、10万円程度の初期資金を用意するのが理想的です。

DMMFX いくらから 証拠金

 

海外の通貨

DMMFXの最低取引額は10,000通貨単位です。そのため、米ドル円を取引したい場合は、初期費用として最低でも5万円、理想的には10万円以上が必要になります。

しかし最近では、取引の最低金額を1,000通貨単位に設定するFX会社が増えており、少額の資金でもFX取引を始めることができるようになっています。

最低取引額が1,000通貨単位のFX会社で米ドル/円を取引する場合、以下の初期費用が必要となります。

 

1,000通貨単位=1,000米ドル
100円×1,000米ドル=100,000円
100,000円/25回=4,000円

※1米ドル=100円の場合

 

言い換えれば 最低取引金額が1,000通貨単位であれば、DMMFXの初期費用の10分の1でFX取引を始めることができます。

資本金が10万円以下の場合は、DMMFXではなく、最低取引額が1,000通貨単位のFX取引会社を選んだ方が良いでしょう。

DMMFXで少額の資金でFX取引を始めるにはどうしたらいいですか?
DMMFXは、日本で最も人気のあるFX会社の一つです。最低取引金額が少し高いとはいえ、スプレッドが低く、アプリも使いやすいため、DMMFXで取引を始めたいという人は多い。

少額の資金でDMMFXの取引を始めたい方は、米ドルではなく南アフリカランドでの取引を試してみてはいかがでしょうか。

 

DMMFXで米ドル/円を取引するには、最低でも5万円が必要です。
しかし、近年、為替レートが5円から15円の間で変動している南アフリカランドを購入する場合は、数千円からでもFX取引を始めることができます。

初期費用が少なく、DMMFXで取引を始めるなら、南アフリカランド円を取引するのも一つの手だと思います。

このように、同じ1万通貨単位の取引であっても、取引する通貨によって必要な最低金額が異なります。

 

一方、140円から160円で取引されることが多いポンドを取引しようとすると、100円の米ドルを取引しようとする場合よりも多くの資金が必要になります。

少しややこしいのですが、FX取引に必要な資金は、取引する通貨ペアのレートによって異なります。
つまり、FX取引に必要な最低金額は、日々のレートや取引する通貨ペアによって異なります。

毎回、最低金額を計算する必要はなく、DMMFXが取引画面上で自動的に計算してくれるので安心です。

 

DMMFXの最低入金額はいくら?

DMMFXでの取引に必要な最低金額がわかったところで、「最低入金額」を見てみましょう。

DMMFXには最低入金額の制限はなく、DMMFXでの取引に必要な金額以上を入金すれば、いつでも取引を開始することができます。

ただし、クイック入金を利用してFX口座に入金する場合は、最低入金額が5,000円となります。

クイック入金以外は、最低入金額はありません。
取引に必要な資金は、現在の為替レートと取引の規模によって異なります。

例えば、米ドル/円が1ドル100円の場合、1ロットあたりの必要証拠金は4万円なので、この金額以上の入金が必要となります。

必要なマージンは以下の式で算出されます。

 

DMMFX
現在の価格×ロット数×10,000(通貨)÷25(レバレッジ)=必要なポジションマージン。

DMM CFDインデックス
現在の価格×ロット数×ユニット数÷10(レバレッジ)=必要なポジションマージン。

DMM CFD コモディティ
現在の価格×ロット数×ユニット数÷20(レバレッジ)=必要なポジションマージン。

 

クイック入金とは何ですか?

これは、お客様の銀行口座からFX口座へ、24時間リアルタイムで、しかも手数料なしで入金できる方法です。これは、お客様が当社の提携金融機関のインターネットバンキングを利用する場合にのみ可能です。

外貨建ての通貨ペアや株式は、対象通貨と円との為替レート(ミッドレート)で円に換算されます。

 

DMMFXはいくらからトレードする?まとめ

結論として、DMMFXでの取引には最低でも10万円以上の資金を用意することをお勧めします。
初期資金が10万円以下の場合は、DMMFXの10分の1である1,000通貨単位から取引可能なFX会社を検討するとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました